History

factory_02
創業者のジョセフ・チーニー氏

ノーザンプトン州の伝統的な靴作り

ノーザンプトン州は英国の高品質な靴作りの地域として有名です。なぜここで靴産業が発展したのかについては諸説ありますが、1600年代から靴作りに必要な革の原材料が豊富に得られたという説が有力です。17世紀までは工場というものは無く、一つの場所で靴を作るという組織立った体制が築かれたのは、それから約200年後になってからのことでした。
創業者のジョセフ・チーニーは「B.Riley社」の工場長として働いていましたが、1886年デズバラにあるステーションロードに「J.Cheaney, Boot & Shoemakers」を構えました。当時の生産体制は現在とは異なり、多くの働き手はそれぞれの工程に特化し、自宅の庭にある離れなどの場所(SHOP)で工程毎に作業を行なっていました。幾つかのSHOPでの工程を経た靴は、完成後に集荷所に集められ出荷されましたが、こうして作られた靴は、地元の身近な地域に供給されるだけでした。

factory_01
左:約100年前の工場の様子 右:現在の様子

第1次世界大戦中、工場は忙しく稼働し、1週間で約2,500足のブーツやシューズを製造。供給先は英国全土に広がり、会社の成長に伴い製造も現代化されながらも、伝統であるハンドクラフトの製法はしっかりと継承していきました。
第2次世界大戦後、創業者の孫ディック・チーニーは海外への供給を展開し、シューメーカーとしての確固たる地位を築いていきました。1966年にはクイーンズアワード賞を輸出部門で受賞、その後チャーチに買収され「Cheaney of England」として1967年から自社ブランドの販売をスタート。自社で在庫を抱え販売するスタイルを開始し、地元で成長していきました。1980年代中頃までには、自社ブランドのシューズ販売と他社ブランドのシューズ生産という2本柱を確立しました。
その後、2002年ロンドンに旗艦店をオープン、ブランドの認知度は一層増し、2009年にはチャーチ創業家がチャーチ(プラダグループ)からジョセフ チーニーを買収し、再び独立。1886年創業時と同様に、カッティングからファイナルポリッシュまでのすべての工程をノーザンプトン州で行い、英国伝統のグッドイヤーウェルト製法で新しいスタンダードを作り出すシューメーカーとして、これからも歩み続けていきます。