History of English Shoes|ノーザンプトンと英国靴

靴の聖地として名高いノーザンプトン。しかしながら、なぜこの地がそのように讃えられ、靴好きたちからの憧れの地となるに至ったのか……、それをご存知の方は意外と少ないかもしれません。ノーザンプトンはブーツとドレスシューズの発展の歴史とともに歩んできた街。革なめし産業からスタートし、やがて靴の街へと進む過程と、そこで育まれた伝統的な英国靴についてあらためて探っていきましょう。
[→]

JOSEPH CHEANY History|ジョセフ チーニーの歴史と伝統

Joseph Cheaney(ジョセフ チーニー)は英国製の靴を作るシューメーカーとして、1886年にイギリスのノーザンプトン州で設立されました。その10年後現在の工場に移動したのが1896年。それから現在まで約120年ノーサンプトンの郊外デスバラーで靴作りを続けています。[→]

Last|木型

ジョセフ チーニーの設立年を冠した「1886」。長すぎず、短すぎずの絶妙なラウンドノーズで、英国伝統的な丸みのあるラウンドトゥ。ややゆとりがあるポールジョイントは、幅広な日本人の足に合いやすいラストになっています。[→]

Material

50年の歴史に幕を閉じたボックスカーフの今はなき名タンナー「カール・フロイデンベルグ」。
その伝統と技術を継承し高品質なカーフレザーを生産しているドイツのタンナー「ウィンハイマー社」のカーフレザーをジョセフ チーニーでは使用。[→]